ワンランク上のヘアメイク

ワンランク上のヘアメイク

ヘアメイクのアシスタントになるには?

TVや雑誌の撮影中にキビキビ動き回るヘアメイクアーティスト。バックステージを撮影したドキュメンタリーで見かけるその姿は、クリエイティブでとても素敵に映ります。そんな憧れの仕事に就く為にはどんな方法があるのでしょうか。

一般的な方法として美容系の学校で学ぶことから始めます。大抵は2年間履修して卒業となり、その後はヘアメイクのプロダクションやサロン、スタジオ等に就職することになります。そこで先輩のアシスタントをしながら仕事を覚えていきます。
仕事内容は道具の運搬から現場での細かい手配や片づけ、プロダクションならスケジュール管理といった事務的仕事もこなします。技術の習得はもちろんですが、人脈やつながりが重要な世界でもあり、そういった人間関係を築くこと・気のきかせ方・・・日々の業務を通して自分から学んでいかなければならない+αも沢山ありそうです。そしてそれがセンスに繋がっていくのではないでしょうか。

またフリーのヘアメイクアーティストに直接弟子入りする方法もあります。自分からダメ元でアプローチする、コネをみつけてお願いするといった形でアシスタントになるようです。

ヘアメイクアーチストになるにはまずアシスタントから

ヘアメイクアップアーチストになるにはまずヘアメイクの専門学校やスクールに通い卒業後にヘアメイクプロダクションやサロンに就職するのが一般的です。 また、フリーランスとして活躍している人に弟子入りしてアシスタントとして働く人もいます。

アシスタントの主な仕事としては師匠が撮影やイベントなどの仕事に同行してメイク道具の準備、関係者への挨拶、現場の片付けなどの雑務です。仕事になれて信頼されるようになると、メイクなどさせてもらうこともあります。その他にも事務の仕事のようなスケジュールの管理調整や事務所での事務作業も頼まれたりもします。ヘアメイクとは関係ない仕事も後に将来自分で仕事をするようになった時に役にたってきます。華やかな世界のように思えますが実際は経験と実力が物を言うとっても厳しい世界です。自分の目標をしっかりと持ち憧れている人に近づいてやろうという強い気持ちをもって信念を曲げずに突き進むことも大切です。華やかな世界のように思えますが実際は経験と実力が物を言うとっても厳しい世界です。自分の目標をしっかりと持ち憧れている人に近づいてやろうという強い気持ちをもって信念を曲げずに突き進むことも大切です。

Valuable information


ハイクビジョンを依頼する

2019/8/23 更新

ページの先頭へ

COPY RIGHT (C) リンクール ALL RIGHT RESERVED